FC2ブログ

ついに憧れのピナレロを組み上げる

お久しぶりです

今回はついに夢を現実にしたお話です(なんか詐欺サイトみたいな入りやなw)


ロードバイクのメーカーは色々あります…



そしてそのメーカーのブランドは
技術だったり、レースでの活躍、コスパなど

あらゆるものに支えられてるわけであります


ま、そんなことは置いといて

あなたには憧れのメーカーはありますか?


あ、好きなメーカーと憧れのメーカーは違いますよね

憧れということは大抵、手が届かない高額機材ばかり扱っているということでしょうから(笑)


有名所はデローザですかね



最安のロードでも20万オーバー


しかもそいつはこの値段なのにアルミに105という

コスパでみると最悪なのですが、

「デローザ欲しかばってん金んなか~」

「初代アイドルの形がすこすぎるの♡」


ちゅう人にはオススメです

そうでなければ大人しくGIANT、もしくは新興系アジアメーカーのコスパ最強チャリを買いましょう


でもね…ろーどばいく、って趣味でやってる人が殆どだ



んなら自分の気に入ったのに乗ればいいんですよ

性能なんてタイムアタックやらレースしない限り

ゆるポタでは無駄です

気に入ったのに乗ればプラシーボ効果も見込めるでしょうし(笑)



だいぶ話が飛びましたが


僕の憧れのメーカーは「ピナレロ」です




何故かって、形がエロいんじゃ

うねうねしてる…、オンダフォークとかいいます

左右非対称とか変態スギデスを

(ピナレロのサイトより)

しかもロード乗りなら大抵知ってるメーカーですね


また、上位モデルの形をほぼそのまま下位モデルに落としていってくれるのも嬉しい点ですね
(dogma65.1)

(RAZHA)…あら?これRAZHA Kじゃねw


ただ多くの人のあこがれのメーカーである分もちろんお値段が高額です。


なんというかコスパとか考えて買うメーカーじゃないです


レースでピナレロ乗ってる人は本当にお金持ちなんでしょうね…裏山



ということで僕が購入したのはピナレロのミドルレンジ

「MARVEL」です

MARVELは2013年以前にあった

「FPクアトロ」の後継機であり

今でもラインナップに生き残っているエントリーカーボンロード
「RAZHA」の上位モデル

モデルとなったのは当時のフラグシップ
「DOGMA65.1」で


その一つ下「PRINCE」の下位モデルです。


そしてコスパの悪さは安定でしたw


35万円というお値段ですがコンポは105…しかも悪名高いグレード外コンポが混ぜこぜされてます৲( ˃੭̴˂)৴


購入後、105含む殆どのコンポは使えそうなFDとクランク以外は速攻で外してポイしました^^;


コンポは以前から気になっていたマイクロシフト


デュラエース、アルテグラ、105で組みました


TREK号からいくつか拝借しこちらへ移します


最も面倒だったのはワイヤーです

ライナを使い上手く切り抜ける予定でしたが…
(買いすぎた…我ながらアホだ)


裏返した時にライナが抜け落ちてしまい
さぁ大変


穴から穴へと自力でワイヤーを通さないといけません


もはや気合いで… はダメだったので

磁石(ワイヤーは磁石にくっつく、ブレーキワイヤーは太いから誘導しやすい)とピンセット(磁石で誘導したものを取り出す)

で2時間くらい奮闘


やっと取り出せたらアウターケーブルも付けてコンポを組んでいきます

なぜかビアンキロゴ入りチェレステアウターw

最後にバーテープ 新タイヤを取り付け


走れる状態になったら走行テスト

走行テストでは中華半手組ホイーヨが振れまくってフレームに接触していたのでスポークテンションを弄りつつセンターをずらします

FD、RDのセッティングが出たら…

おっとっと、最後にバルブキャップとチェーンリングボルトを色付きに変更


完成です!



ダークとポップの調和… 人口着色料っぼい色で鮮やかなお菓子を表現

美味しそうですね…体に悪そうな色だwww


ピナレロといえば

なんだかイケてるリッチなおじ様が乗ってるイメージがあり…どれも硬派でカッコよく、クールな仕様が多いですが

ボクの隊長マジックにかかってしまうと

あのクールなピナレロも

なうでヤングでパリピなインスタ映えチャリになっちゃうよ(。-∀-)ニヤリ


けどボクはTwitterがメインだからTwitterのチャリクラどもに(´^ω^`)ブフォwwwと言わせるために

ネタ要素は欠かせません


それはTREK号もそうだし快速号もそうでした


マーベルのツッコミポイントを少し紹介


まずは激レア、マイクロシフトのシフタ

親指シフトです。カンパニョーロっぽい感じで扱えます

3段飛ばしシフトアップも余裕です

これ、意外と使ってるw

RDは7800デュラエース

高校時代に貯金はたいて中古で買ったブツです

古いとはいえデュラはデュラ

まだまだ第一線で活躍してもらいます( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン


BRはR8000

新型です。 よく効きますよこれ

けどね、この形になってから

ブースターとかいうロールバーみたいな補強が入って

剛性がものすごく高い…ほとんどたわみません

つまりロックしやすい


コントロール性は一世代前のSLREVのブレーキが良かったです

まぁ、これはシフターとの相性やらリムとの相性もあるので自分が気に入ったのを使うといいですよ…

ちなみにマイクロシフトのシフターだと
引きが軽すぎていつも通り握るとロックしやすいです。

でもこれは指先の力だけでコントロールできるので案外使いやすいかも!



タイオガスパイダーもどき

中華サドルです

色がイカしてるから買いました


TREK号のと同じかと思いきや

それ以上にたわみます

座った瞬間ものすごくお尻にフィットして



…気持ちイイ



路面の凸凹に応じてたわむので尻が痛くなりません

こりゃ大当たりだ


マーベルはなかなか硬いです

ふにゃふにゃバーツで乗り心地が柔らかいTREK号から乗り換えると

体が痛くなります


現に試走がてら高良大社まで行きましたが

膝やら太ももがジンジン来ます


ヒルクライム中はTREK号が

「無理しないで~ ゆっくり。自分のペースで行こう~
振動はワタシが吸収してあげるっ」

てな感じに対して

マーベルは

「クルルァ、何ボサっとハイケイデンスで回してんだよ、重いギヤでガシガシ踏め。ほら…あくしろよ!こちとら暇で手前乗せてる訳やないんやで」

という具合に急かされてる感が…(想像)

フレームの剛性に負けるとはこの事でしょうか。

一睡もせず体調不良にも関わらず10分ちょいでいけ。「あれ?今日は楽やな~」とかいいつつてんちょーにも勝利

帰宅後

恐ろしい膝の痛みに今も苦しんでいる現状です(*´ω`*)


で、まとめますと

「憧れのチャリは必ずしも自分に合ってるとは限らない」
ってことです

マーベルでこんなにハードでスパルタならPRINCEやdogmaだと膝がモゲそうですね(笑)


ちなみに僕が今まで乗った中で1番乗り味が好きだったのが
漕ぎ隊メンバー 「ジンクン」のBH「G5」です

鉄下駄なのに8キロという驚異的なフレームの軽さに見合わぬ剛性の高さで
ヒルクライムやスタートダッシュがものすごく軽快です


マーベルはスタートダッシュとかより中速域からの加速が良かったです。

おかげでマイクロシフトの飛ばしシフトアップがうまく役に立ってます



長くなりましたが この辺で締めときます

また何かありましたら追記します
スポンサーサイト

R8000 アルテグラ ブレーキ交換

暑いです…

サイクリング中は凄い速さでボトルの中身が減っていきます。


さて今回はブレーキ交換



現在 付いているのは

フロントはbr4500 ティアグラ

リアはbr5800 105


ところで僕はダウンヒルが苦手です

ブレーキを握りっぱなしで手が痛くなるからです、、


そこでデュラのブレーキをオークションやらで探してみると…高杉ぃ!


ならアルテグラは… Amazonで13000くらいであります! しかも現行R8000系…

即ポチです

数日後…届きました


高級感のある箱


お、カッコええです


以前使っていたのと並べてみました…

規格はSLREV

引き量はニュースーパーSLRと同じ

力点の位置が左右に分散され、より軽い力で引けるようになったものです。

同じくSLREVのbr5800やbr6800、br9000などとの違いはブースターと呼ばれる補強が入っていることです。

(画像はR9100デュラエース)



これが左右のピボットのたわみを抑えてよりダイレクトなブレーキ感覚になっているという…(`・д・ノノ゙☆パチパチ

取り付けをして


早速高良山行ってきました



お!ちーむメンバーのシンさんがFF山口チェレステカラーを農林していました!
機材レーシング極めてきましたねぇ(▼ω▼)

さて… お楽しみのダウンヒル


感想としては凄くダイレクトなレスポンスです。

今まで使っていたティアグラと105は
キャリパーの剛性不足で強くかけるとたわんでしまい

なかなか止まれませんでしたが…


R8000ブレーキは思い通りにコントロールが効きます(*^^*)


たわみを全く感じない… ロックさせるのも簡単です^^;


手が痛くならず初めてダウンヒルを楽しめました(´・ω・`)

素晴らしいブレーキです!




その後、前から行きたいと思っていたハートのてんちょーさんのお店に遊びに行って来ました。

ローラーに乗ったり試乗したりで楽しい時間はあっという間に


フルカンパのド変態ニローネに試乗させてもらいカンパのブレーキのフィーリングも味わいました…

意外だったのはきちんと効くということ

シマノと異なるのは キャリパーのたわみを上手く利用していたので コントロールがとてもしやすかったです!

カンパのホイール(ユーラス)との相性もバッチリでラグジュアリーな乗り味でした。


明日にライドするお約束をしたので、楽しみです^^*






TREK号 10速化 (TREK1.1)

お久しぶりです。

今回はついにTREK号の10速化を決行しました!



まず注文していたパーツが揃っているか確かめていると…



STIレバーが来てない!




それもそのはず届く当日は物凄い豪雨…


そういや僕も当日はバイトに遅刻してしまいました^^;


それは後に西日本豪雨とか呼ばれるやつですね

家の近くも大変なことになってました^^;





いたるところが冠水していたようですが

配送業者の配送センターも水没してしまったようです。


荷物がお釈迦になってないことを祈りながら待ちました。



3日後、やっと届いた!

夜になりそうですが組みます




超高速で組みます


そういや黒色のワイヤーを試してみました。

テフロンコートで潤滑不要だのなんだの…

実際はささくれやすくて面倒でした^^;



ちゃり屋より早いんじゃねと思うくらいのスピードで
その日の夜、なんとか組み上がりました。


次の日明るい所で写真を撮りました…





8速信者…8速こそ至高…とか言ってた僕が

旧10速にしたのは8速のように混ぜものがしやすいから


しかし!
互換性は合わせてきました!

駆動系は7800、5700、4600、とシマノ旧10速でキッチリと…




嘘です( ̄▽ ̄;)



FDにR2000が残ってました… 問題なく動くしいっか^^;

FDのアームが長くなったり短くなったり…

シマノさんは何がしたいんですかね^^;

(アームが長いこの世代は物凄くワイヤー固定部の取り回しが面倒)

スプロケは25Tを選択。

草野の激坂くらいじゃないと28Tなんて必要ありません^^;

無駄なギヤという重りを積むほどドMじゃないので(笑)

チェーンリングは変わらずド貧脚仕様

46-34の緩い楕円です


山も登れてしかも微(楕円)形

素晴らしいチェーンリングです。。。




バーテープを黒にして引き締めようと思ったら…


他の部分が目立ってあまり変わらないような…


こんだけ目立てば車やバイクにすぐ気づいてもらえますねぇ


安心して走れそうです(小並感)



そういや、目立ちすぎて最近はよくローディに話しかけられるようになりました(笑)


僕の事を知っていらっしゃる方もいるようで嬉しいですねヽ(*´∀`)ノ



ちなみに後ろに見えるのは先程の画像で増水しまくっていた筑後川です。

濁ってますが(いつも)
水位は戻ったようです(*^^*)



とりあえず…


これからはこの仕様で久留米周辺を低速で走行してますので
よろしくお願いします(・∀・)


TREK号 魔改造 (TREK 1.1)

新しいフレーム欲しさ…



最近、不幸にも(爆)
僕と会ってしまった方はおわかりと思いますが



数ヶ月ほど前からフレーム欲しさ…が口癖です^^;



平地の高速走行においては空気抵抗が少ない方が楽に走れます。

クリテリウムに出場してエアロ性能の重要さに気付かされました(大嘘)



TREK号はヒルクライム用にして
平地用のエアロロードが欲しい…


しかし資金に余裕がありません。

TREK号はヒルクライム用…?






そうだ!




TREK号をエアロ化したろ!






マジでやっちゃいました( ̄▽ ̄;)



もともと同世代のマドンと似た角張ったフレームなので

空力性能は悪く無い


ただし、当時のマドンは現行エモンダのポジションも兼ねていたため軽量化でエアロが微妙な部分もありました。



そこで、「シートチューブからシートステーにかけての部分を流れるようにすると空気抵抗が減る」と考察し実行しました。


「自転車に後付けエアロバーツ」

という新たな境地に入ったTREK号。

見た目もクールになりました。



材質、加工については企業秘密です。(*^^*)

軽量樹脂とだけ言っておきます~




軽く走行しました。


まず、直線が走りやすい!ただし横風の影響を受けやすくなりました^^;

そして、走行音が静かになりました!
どうやら乗ってる人に聞こえる車輪付近の騒音がエアロで遮断されて聞こえにくくなったようです。



ただし 後ろには反響した騒音が…


一緒に走る方には申し訳ないです( ̄▽ ̄;)

ついでに塗装がはげてアルミむき出しだったトップチューブを塗装しました。


風が強いせいでマスキングテープが剥がれ失敗してしまったので ラップ塗装で誤魔化しました^^;


その後、なにか物足りない感じがしたので



ステッカーを貼ってみると…

なかなかいい感じになりました!

早く走りたいです。クランクキャップボルトが届くまでサイクリングできませんが(><)

追記2018年7月1日
いいお天気だったのでクランクキャップボルト無しのまま走っちゃいました^^;

何度か増し締めしたので外れはしませんでした(*´ω`*)

※よいこは危ないからマネしないでね

更に追記2018/07/02
クランクキャップボルト届きました!


全く同じものですが(><)
無くさないように定期的に増し締めします…^^;

通勤貨物号完成

現在

通勤通学にお世話になっているのか



友人から譲ってもらった某サイクルショップ製のマウンテンバイク


高級でもなくルック車でもない丁度いいチャリなので


街乗りにはピッタリです(*^^*)


ただ季節が夏に近づき暑くなってきました


リュックサックを背負うとものすごくジメジメしてくるんです(><)




そこでリアキャリアにカゴをつけてみました



昔乗っていたママチャリ(廃車)から引っ張り出してきたカゴです。

前用なのでボルト穴はもちろん合いません…

1本だけ止めてあとはロープで縛りました。


錆びまくりで一気にオンボロ感が出ました…

盗難されにくそうです^^

明日から早速…、あら、雨か(´;ω;`)
プロフィール

airtime351

Author:airtime351
自転車大好き サイクリングしたり整備したりしてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR