FC2ブログ

マウンテンちょいレストア

実は最近友人からマウンテンを仕入れました




ただ10年落ちで7000番アルミということで

フレームの劣化は半端ないです

剛性が無いというか…

そして1年以上放置していたようなので

パンクしてサビもあります。

とりあえずチューブ交換して走るもすぐにバースト


前オーナーが誤ってディスクブレーキのディスク面に

オイルがかかってしまい効かない


パッド変えれば解決するけれど

買う金がない^^;

のでネットでどうにかする方法を探すと…

「焼くといい」「紙ヤスリで磨く」などなど



なんとかマシになりました㊗️

しかしタイヤが裂けまくってすぐパンクする…



交換交換




リムテープの継ぎ目が鋭くなってました…

「このチャリ売ってた店何やってんだよ…」


譲ってもらった友人によると
僕の住んでる所では比較的大きなチェーン店
「○通センター」で購入したそうです^^;

接客態度もそっけなくて気に入らなかったのでますます行きたくなくなります( ̄∇ ̄)



交換終了!


マウンテンは通学レーシングにはぴったりなので治ってよかったです^^*

ところで次の日曜は市が開催するサイクルイベントがあり参加費も無料なので付近にお住まいの方は是非ご参加になるといいと思います。


僕も参加するのでお会い出来ると嬉しいです(^^;ワラ



それではこの辺でバイバイ(ヾ(´・ω・`)
スポンサーサイト

定例サイクリング クライマー志望者達の緩い戦いからの ~反逆のスプリンター~

本日は定例サイクリングはお休みの予定でした




漕ぎたくなったので急きょ集まってもらいました(3人)



上の画像は脊振ヒルクライムのはじめの方にある公園です

枝垂れ桜が満開でした(*^^*)

のんびりまったり漕いでいきます

途中でいしあつ君に貸している「通勤快速号」と交換して登ってみました

重量はあれど軽いギヤがあるのでゆっくり登るにはピッタリ!…ケツが痛いぞ …( ̄∇ ̄)

サドルが凄いことに…

取り急ぎ増し締め^^;

いしあつ君は先に行ってしまったので漕ぎ隊のスプリンター YH君と追いかけます

合流してチャリを戻して再開です
僕といしあつ君は山が大好物なので

談笑と歌を歌いながら登ります

弱虫ペダルで小野田君が歌ってたアニソンを歌いながら…^^;

菜の花が綺麗だな~


少し下っていよいよ脊振山に入ります


景色の良いところ

急に寒くなってきました


所々雪が残ってます


前回来た時はなかったので恐らく昨日の冷え込みで雪が降ったのでしょう

もうすぐ頂上



到着しましたがYH君の姿が見当たりません


駐車場に来た若いローディに聞いてみるも見ていないとのことで(><)

来るまで談笑することに

スクルトゥーラ400に乗ってました
ホイールはZONDA!TREK号とおそろっちです(後輪)

ブレーキは新型アルテグラでこだわりを感じます~

フラぺで登ってきただけで賞賛ものですよ( ‘-^ )b


すると今度は爆音ラチェット音で高級チャリのおじ様が走ってきます

おじ様曰く「ガードレールの外で座り込んでいたよ」
とのことでした

来るまで再び談笑

おじ様の自転車を拝見(*^^*)



ひぇぇ 凄い(語彙力)

TIMEフレームにRED、おまけにボラワンですよ^^;

その他のパーツも上級品ばかりで目を奪われます

前回会った鬼ギヤおじいさんもREDだったな…

脊振クライマーのスラム率高いっすね

YH君はまだ来ないので皆で下りながら探すことにしました



最後に確認した所まで降りるもどこにもいませんでした

「下っちゃったかな…」



電話してみると途中から登山道を登って駐車場に行ったとのこと

座り込んでいたのはご飯を食べていたと…(笑)



15分くらい待っても来ません

「まさか落車…」


最悪の事態が頭によぎる中もう一度電話してみると

電話に出たのに何も話しません…

もしかして喋れないほどの怪我…


30秒ほどで反応あり

「あ、今から出ますよ(駐車場)」

安心でした

待っていると今から登っていくローディさんたちも通り過ぎていきます

真っ赤なMadone9が通過していきました

「カッコイイ…まさか以前高良大社で会ったSさん…?」

あら、コンポーネントが違いました^^;

…...♪🎶



爆音アニソンとともに15分ほどで下りてきました

おじ様は久留米の方でスクル400のさかさか君は福岡方面ですが久留米まで走って三号線で帰るとのこと

即席チームです(´∀`)

とりあえずYH君を先頭に配置して山道を抜けていきます


平地まで下り、
久留米まで走ります

↓なんか弱ペダで見たような…(笑)


そして痛恨のミス…

平地でスプリンターが前にいると楽…しかしYH君は暴走するので抑えなければいけません^^

なので平地区間は別の人を先頭に配置しようと思っているとYH君が飛ばし始めました…(笑)

おじ様と僕でついて行くも後ろを置いてきてしまったので僕が後方を引いていくことにしました(^^;ワラ

そんなこんなで久留米まで帰りおじ様とお別れ

高良山登ってるらしいのでまた会えるといいな~


今度はさかさか君を三号線まで送ってお別れ

また皆で走りたいです(*^^*)


いしあつ君と昼飯を食してから帰りました



今回もとても楽しいライドでした(*´∀`)

TREK 1.1 消耗品交換~

自転車に乗る前の点検や

定期的な点検…

皆さんきちんと行ってますか?

僕は必ずやってます



理由はコンポーネントやパーツ類が推奨されない組み合わせなどをしているので

ほんの少しワイヤーの張りが緩んだり

ネジがズレたり

パーツが消耗するだけで

調子が悪くなります^^;


今回はTREK号のタイヤとチューブ
快速号のタイヤとチューブとブレーキシューを交換しました

TREKにはコンチネンタルウルトラスポーツです


チューブはビットリア製をチョイス

前のIRCは28cだったので今回は細めの23cに

走行感も然り、重量も軽くなりました
ヒビ割れなどもなし
コンチネンタルは安定品質ですね(笑)

ついでにボロクリートも交換です


色を合わせるために青~

ではなく黄色は遊びが大きすぎて登りのダンシングでうねうねするので青色に変更です( ̄∇ ̄)
(完全固定には恐怖感が^^;)


快速号の方はロード持ってない人とサイクリングするときに貸す用ですので…



過去に2度も落車事故をおこしてシフター、バーテープなどボロボロ
しかも、タイヤやチューブもスローパンクして危険な状態です^^;

ということで貸している石松君おすすめのパーツに交換です


交換終了!


ブレーキシューをオフセットシューに交換


これで次回から安心してライドできます^^;

一つだけ心配なのはTREK号

フロントブレーキのシューがリムに届いてないような…

オフセットシュー買わなあかんの?

めんどくせぇ…(^^;ワラ




定例サイクリング!高良大社と草野の激坂

毎週日曜日はちーむ「漕ぎ隊」の定例サイクリング!

でもでも皆忙しい


今回は3人しか揃わず…(><)

と思いきや直前で石松君が来てくれました( ̄∇ ̄)


が!TREK号のタイヤが昨日バースト
脊振山に登るため石松君に貸してる「快速号」のホイールを急きょTREK号に借りてたので

急いで付け直します

ケ〇ダのボロタイヤ

正確には走行距離は1000キロ程度ですが

このメーカーのタイヤ 不良品過ぎて
片方は走行距離300キロ程度でバースト
嫌な予感がしたので片側もすぐ交換してました

装着して確認すると…


既に裂けてるやないですか^^;

流石としか…

僕は自分の意見を押し付けるの嫌いですが
これに関しては言わせてください

このメーカーのタイヤは絶対買わない方がいいですよ( ̄∇ ̄)


しかし、新品タイヤ(コンチ)は注文中でまだ届かないので
これで行くしか…^^;



高良大社アタックでは、最年長「シンさん」は夜勤明けでお疲れのご様子

ちーむの絶対的エース「あんとくさん」も気分が乗らない…と

そして、僕に至ってはこの1週間ずっと漕ぎっぱなしで総獲得標高は3000mオーバー…
富士山登れそう…なんちゃって^^;
脚が動きませんでした(笑)

唯一調子がいいのはフラぺで来た「石松君」のみ

1人で飛び出していきました…流石としか



残った僕ら3人で景色と談笑を楽しみます
桜もまだ残ってますよ~


「行っちゃったね~」

「追いかけます?」

「結構速そうだよ(笑)」

「追いましょう(使命感)」


よっこらせっと
重い腰を上げていきなりスピードアップ

このまま飛ばせば9分台行くんじゃねくらいなハイペース


案外あっさり追いついてスローダウン

あ、僕は隊長として後ろから写真撮影とメンバーの体調を見守ります(実は結構キツい^^;)

お昼は「シンさん」が奢ってくれました(笑)
おなかいっぱい

自転車ショップに少し寄ったあと

午後からは草野の激坂へ


発心公園で悲鳴をあげるメンバー達

僕は2度目なので冷静を装いながら実は緊張ぎみ(笑)

クリートが摩耗しすぎてなかなかハマらず

皆からだいぶ遅れてスタートしました

1速でよっこらよっこら登っていると

早速石松君がダウンしてました

ここまでは予想通り



ハンドルをしっかり握ってないとチャリとともにずり落ちそうです

その後シンさんが座り込んでいました

ボトルの水分が切れてしまったようで…
頂上まで歩くとのことでした

斜度が1番キツい地点
恐ろしい角度です。滑り落ちそう^^;


石松君を待って休憩をさせてからシンさん達を追いかけます

途中でシンさんと合流

石松君もキツそうなので僕だけ先にあんとくさんを追いかけることにしました

ゴールの看板付近に来るとあんとくさんがこちらへ向かってきていました



残りの2人とも合流して耳納平へ




その後、森林公園まで下り、水分を補給後
高良山を下りていきます

その後高良大社裏のスピードが出たあとの急カーブで
事件が起きました



突然ブレーキロックの音とともにクラッシュ音が

反射的に前を走るメンバーに「落車です!」
と叫びましたが爆音ラチェット音で聞こえていない様子^^;


石松君落車でした
幸い大きな怪我はなかったようで安心でした

しかし僕の愛車「快速号」はシフターが歪んでバーテープはボロボロ

とほほ、実はこの前も友人に貸して落車されたばかりでした( ̄∇ ̄)

メインで使っていないとはいえ街中の移動に使うので乗れなくなると困ります^^;
僕は治すお金もないので…

バーテープとシフターは交換するそうなのでその言葉を信じます(*^^*)

その騒ぎを聞きつけて本日は用事できてなかった剛脚YH君が駆けつけてくれました

みんな揃ったので下に降りて談笑して帰りました


トラブルもありましたが楽しいライドでしたヽ(*´∀`)ノ



お!さっき新しい消耗品達が届いたので早速組もうかなっと

新型105 R7000 が出るって!?

数日前、友人から

「某チャリ屋の人がもうすぐ105の新型が出ると言ってた!」

との情報を聞きつけました

コンポやらパーツが大好きな僕はそれを聞いて楽しみで仕方ありません(笑)


105 といえば


シマノのロードコンポーネント
上位グレードのジュラ、アルテに次ぐ3番手

特徴として

上位グレードと同じ段数(11速)

クランクが中空のホロテックで

素材にもアルミが多用される

そして価格が安いためコスパに優れる
(↓現行5800系)



ということでロードマニアの方々は

「買うなら105以上」

「レース出るなら105以上」

と仰られます(僕はそうは思わないけど^^;)


その105の新型が出るとなれば

ロード乗りなら誰でも気になります


新型が出るとリークしたサイトは




海外のサイトでした

パッと見てもよく分からんのでわかり易ーく要約すると

「油圧ディスクを追加する、もちろんそれに合わせたレバーも用意したやで」

「シフト操作のストロークを小さく素早くするためにFDのアームをコンパクトに、RDは上位グレードやらマウンテン用で採用済みのシャドータイプにしたで」

「シャドータイプにしたことによってGSでは最大11-34Tにも対応した」

「魅力的なブラックツートンの他に今まで通りシルバーも用意するからクラシック厨のみんな楽しみにしといてや」


…ということでした



油圧追加はほかのサイトやらで予測されてた通りですね

シャドータイプやら持ち手が進化した鍋ブタみたいなクランクへの変更も上位グレードの流れから考えれば当然っちゃ当然ですね

そして最後の「シルバーカラーもラインナップ」

これはクロモリやらでシルバーで組みたい方には朗報ですね

(画像は現行5800のシルバー)


最近のシマノさんはブラックばかりですからね

(銀色ジュラクランクも型落ちで生産終わってますしね…(><))



数少ないシルバーラインナップがある105は希少な存在です(*^^*)

(ちなみにカンパはポテンツァ以下にはシルバーがあります)


カッコイイ…いつかはカンパもほちぃです( ̄∇ ̄)




さきほどの記事には「発売は6月頃」
と書いてあるので

それまで楽しみに待っておきましょう


ところでターニーA070のモデルチェンジはまだかの?


触覚なし、4アーム、それてあの赤と黒のカラーで出してくれるなら意外とカッコイイかも(笑)



それでは今日はこの辺で(^o^)/






(ん、そういやこいつもシルバーやったわ)


追記2018/04/03

Twitterの方に上げてたのと同じですが
シルバーとブラックのパーツごとの画像入手したので
まとめたものを貼っておきます

R7000 ブラック


R7000 シルバー


追記2018/04/04

105ネタとともにアルテグラRXというエイプリルフールのネタかと思うような情報もありました
どうやらマウンテン御用達スタビライザが付いたRDのようです


最近需要の高いシクロクロス用ですね

アルテグラSLの再来かと思った僕は
時代の変化に全くついていけてませんね(⌒_⌒; タラタラ



あと、僕が昨日繋ぎ合わせてまとめた画像を他のサイトが使ってくれてたというちょっと嬉しい発見(笑)

標高1000mへの挑戦 ヒルクライム

最近、ヒルクライムが楽しくなってきました

と言っても登るのは高くて600mくらいの山


1000mの山ってどうなんやろ?

ということで脊振山登ってきました

とりあえず登り坂の手前に来たので
マップを見てみると脊振山はまだ遠い
少し山を越えないと脊振山に辿り着けません


途中で公園があって桜が綺麗だったので寄り道



休憩しようにももう15時過ぎなので
急がないと日が暮れます^^;

木に囲まれてとてもゆっくりした道
思わず鼻歌を歌いながら登ります


途中で景色の見えるところもありました



緩やかな下りがあって
建物が結構立ってますね


脊振山に登っていきます


いつも登っている耳納連山系に比べると比較的穏やかな傾斜


かなり登ってくると気温が下がってきます

突然、白い物体が現れ始めました


雪です
気温が低いので日の当たりにくい所は残ってました


頂上?のような駐車場につきました
まだ上があるみたいだけど
どうやって行くんだろ?


自衛隊の施設の横に階段があってそこから頂上へ行けるみたいで、緩やかだったのでTREK号を担いで登ります




!!



階段が急になってきました^^;




最後は這いずるようにして登りきりました



少しもやがかかっていて景色はそこまで良くなかった(><)



疲れたぁ




駐車場に降りるとローディが1人登ってきました

夕方ということもあり
僕が登ってくるまでに1人も見かけなかったので

追いかけて話しかけてみます



年齢は60歳くらい。
福岡方面の方で脊振山はよく登っているとの事でした

JAMISのレーシーなロードかっこいい~

SRAM RED もいいっすね~

ん?


んんん?




ギヤ構成鬼じゃないすか(((;°▽°))

Fインナー39t
R1速 23t

「ゆっくり登ってきました(笑)」

というおじいさん

いやいや、このギヤだと1速でも失速しないケイデンスで回すと相当速度出るでしょう( ̄∇ ̄)

「激坂登る時はクロモリで行くんですよ(*^^*)」

ク、クロモリで…

軽いチャリをヒルクライム仕様でなく
重いクロモリがヒルクライム仕様とは…

世の中広いなと感じました^^;

途中までおじいさんと下ってお別れしたあと
ゆっくり帰りましたら日が暮れました


初めて1000mの山を登って

また一歩進めたような気がしたのでした
プロフィール

airtime351

Author:airtime351
自転車大好き サイクリングしたり整備したりしてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR