FC2ブログ

R8000 アルテグラ ブレーキ交換

暑いです…

サイクリング中は凄い速さでボトルの中身が減っていきます。


さて今回はブレーキ交換



現在 付いているのは

フロントはbr4500 ティアグラ

リアはbr5800 105


ところで僕はダウンヒルが苦手です

ブレーキを握りっぱなしで手が痛くなるからです、、


そこでデュラのブレーキをオークションやらで探してみると…高杉ぃ!


ならアルテグラは… Amazonで13000くらいであります! しかも現行R8000系…

即ポチです

数日後…届きました


高級感のある箱


お、カッコええです


以前使っていたのと並べてみました…

規格はSLREV

引き量はニュースーパーSLRと同じ

力点の位置が左右に分散され、より軽い力で引けるようになったものです。

同じくSLREVのbr5800やbr6800、br9000などとの違いはブースターと呼ばれる補強が入っていることです。

(画像はR9100デュラエース)



これが左右のピボットのたわみを抑えてよりダイレクトなブレーキ感覚になっているという…(`・д・ノノ゙☆パチパチ

取り付けをして


早速高良山行ってきました



お!ちーむメンバーのシンさんがFF山口チェレステカラーを農林していました!
機材レーシング極めてきましたねぇ(▼ω▼)

さて… お楽しみのダウンヒル


感想としては凄くダイレクトなレスポンスです。

今まで使っていたティアグラと105は
キャリパーの剛性不足で強くかけるとたわんでしまい

なかなか止まれませんでしたが…


R8000ブレーキは思い通りにコントロールが効きます(*^^*)


たわみを全く感じない… ロックさせるのも簡単です^^;


手が痛くならず初めてダウンヒルを楽しめました(´・ω・`)

素晴らしいブレーキです!




その後、前から行きたいと思っていたハートのてんちょーさんのお店に遊びに行って来ました。

ローラーに乗ったり試乗したりで楽しい時間はあっという間に


フルカンパのド変態ニローネに試乗させてもらいカンパのブレーキのフィーリングも味わいました…

意外だったのはきちんと効くということ

シマノと異なるのは キャリパーのたわみを上手く利用していたので コントロールがとてもしやすかったです!

カンパのホイール(ユーラス)との相性もバッチリでラグジュアリーな乗り味でした。


明日にライドするお約束をしたので、楽しみです^^*






TREK号 10速化 (TREK1.1)

お久しぶりです。

今回はついにTREK号の10速化を決行しました!



まず注文していたパーツが揃っているか確かめていると…



STIレバーが来てない!




それもそのはず届く当日は物凄い豪雨…


そういや僕も当日はバイトに遅刻してしまいました^^;


それは後に西日本豪雨とか呼ばれるやつですね

家の近くも大変なことになってました^^;





いたるところが冠水していたようですが

配送業者の配送センターも水没してしまったようです。


荷物がお釈迦になってないことを祈りながら待ちました。



3日後、やっと届いた!

夜になりそうですが組みます




超高速で組みます


そういや黒色のワイヤーを試してみました。

テフロンコートで潤滑不要だのなんだの…

実際はささくれやすくて面倒でした^^;



ちゃり屋より早いんじゃねと思うくらいのスピードで
その日の夜、なんとか組み上がりました。


次の日明るい所で写真を撮りました…





8速信者…8速こそ至高…とか言ってた僕が

旧10速にしたのは8速のように混ぜものがしやすいから


しかし!
互換性は合わせてきました!

駆動系は7800、5700、4600、とシマノ旧10速でキッチリと…




嘘です( ̄▽ ̄;)



FDにR2000が残ってました… 問題なく動くしいっか^^;

FDのアームが長くなったり短くなったり…

シマノさんは何がしたいんですかね^^;

(アームが長いこの世代は物凄くワイヤー固定部の取り回しが面倒)

スプロケは25Tを選択。

草野の激坂くらいじゃないと28Tなんて必要ありません^^;

無駄なギヤという重りを積むほどドMじゃないので(笑)

チェーンリングは変わらずド貧脚仕様

46-34の緩い楕円です


山も登れてしかも微(楕円)形

素晴らしいチェーンリングです。。。




バーテープを黒にして引き締めようと思ったら…


他の部分が目立ってあまり変わらないような…


こんだけ目立てば車やバイクにすぐ気づいてもらえますねぇ


安心して走れそうです(小並感)



そういや、目立ちすぎて最近はよくローディに話しかけられるようになりました(笑)


僕の事を知っていらっしゃる方もいるようで嬉しいですねヽ(*´∀`)ノ



ちなみに後ろに見えるのは先程の画像で増水しまくっていた筑後川です。

濁ってますが(いつも)
水位は戻ったようです(*^^*)



とりあえず…


これからはこの仕様で久留米周辺を低速で走行してますので
よろしくお願いします(・∀・)


TREK号 魔改造 (TREK 1.1)

新しいフレーム欲しさ…



最近、不幸にも(爆)
僕と会ってしまった方はおわかりと思いますが



数ヶ月ほど前からフレーム欲しさ…が口癖です^^;



平地の高速走行においては空気抵抗が少ない方が楽に走れます。

クリテリウムに出場してエアロ性能の重要さに気付かされました(大嘘)



TREK号はヒルクライム用にして
平地用のエアロロードが欲しい…


しかし資金に余裕がありません。

TREK号はヒルクライム用…?






そうだ!




TREK号をエアロ化したろ!






マジでやっちゃいました( ̄▽ ̄;)



もともと同世代のマドンと似た角張ったフレームなので

空力性能は悪く無い


ただし、当時のマドンは現行エモンダのポジションも兼ねていたため軽量化でエアロが微妙な部分もありました。



そこで、「シートチューブからシートステーにかけての部分を流れるようにすると空気抵抗が減る」と考察し実行しました。


「自転車に後付けエアロバーツ」

という新たな境地に入ったTREK号。

見た目もクールになりました。



材質、加工については企業秘密です。(*^^*)

軽量樹脂とだけ言っておきます~




軽く走行しました。


まず、直線が走りやすい!ただし横風の影響を受けやすくなりました^^;

そして、走行音が静かになりました!
どうやら乗ってる人に聞こえる車輪付近の騒音がエアロで遮断されて聞こえにくくなったようです。



ただし 後ろには反響した騒音が…


一緒に走る方には申し訳ないです( ̄▽ ̄;)

ついでに塗装がはげてアルミむき出しだったトップチューブを塗装しました。


風が強いせいでマスキングテープが剥がれ失敗してしまったので ラップ塗装で誤魔化しました^^;


その後、なにか物足りない感じがしたので



ステッカーを貼ってみると…

なかなかいい感じになりました!

早く走りたいです。クランクキャップボルトが届くまでサイクリングできませんが(><)

追記2018年7月1日
いいお天気だったのでクランクキャップボルト無しのまま走っちゃいました^^;

何度か増し締めしたので外れはしませんでした(*´ω`*)

※よいこは危ないからマネしないでね

更に追記2018/07/02
クランクキャップボルト届きました!


全く同じものですが(><)
無くさないように定期的に増し締めします…^^;

通勤貨物号完成

現在

通勤通学にお世話になっているのか



友人から譲ってもらった某サイクルショップ製のマウンテンバイク


高級でもなくルック車でもない丁度いいチャリなので


街乗りにはピッタリです(*^^*)


ただ季節が夏に近づき暑くなってきました


リュックサックを背負うとものすごくジメジメしてくるんです(><)




そこでリアキャリアにカゴをつけてみました



昔乗っていたママチャリ(廃車)から引っ張り出してきたカゴです。

前用なのでボルト穴はもちろん合いません…

1本だけ止めてあとはロープで縛りました。


錆びまくりで一気にオンボロ感が出ました…

盗難されにくそうです^^

明日から早速…、あら、雨か(´;ω;`)

初レース!キリンクリテリウムに出ました。

6月2日

キリンクリテリウム

楽しんで来ました。



クリテリウム自体は午後からなので昼くらいに行く予定でしたが

なにやら軽く試走できるそうなので朝早くに出撃

9時からのファンライドにも参加してきました。



ゼッケンは39番

スターティンググリッドに影響するのかな?



少し遅れてコースインしてると黄緑のRS8!タッツーさんを発見!

更にそのまま回っていると見覚えのあるエディ・メルクスが…

とろんさんでした!!

お二人ともスポーツクラスに出るようで


ところで大学の友人と一緒に初レースの予定だったのですがまだ来ません^^;

あ、来た(笑)


快速号を軽く調整




お昼になってたのでレース前のエネルギー補給!
炭水化物… より美味しそうな唐揚げがあったのでそちらを食べました(*´ω`*)

友人は大盛りの焼きそばを食べてました(・ω・)




お腹いっぱいになったところで昼寝します。

もうすぐ眠りに入るというところでルール説明のために招集がかかりました(´;ω;`)


初レースなのでルール説明はしっかり聞きます!!


その後、エキスパートクラスの予選が行われていました





圧倒的なスピードに驚きでした…

クリテリウムは距離が短い分
全体的なペースが速い^^;


その後軽くアップしつつTREK号と快速号を最終調整します。

TREK号は互換性のない組合せのため
40分ほど走ると調整が狂います…

普段走る時は

漕ぐ力を抜く(回転そのまま)
→シフトアップorシフトダウン
→ギヤが入り始める
→チェーンが全て次のギヤにかかったのを確認(感覚で)
→漕ぐ力をかける

てな感じで

ギヤチェンジをかなり丁寧にやってるのですが

レースはそんなことしてる暇はないですね


20分持つかな…^^;

そしてレディースクラスの最中にスポーツクラスにも招集がかかります。


緊張のあまり背中のポケットに財布、スマホ、家の鍵などなど入れっぱなしなのにコースインする直前に気付きました(*´艸`)

とりあえず配置に着いた専属カメラマンを呼び出して取りに来てもらいました…助かった!


そしてゼッケンの番号下1桁はグリッド順…

つまり僕は一番後ろからスタートというのも判明(><)


前半のパレードランで前に出ようと踏ん張るも
人が多すぎて全く前に行けないまま^^;



後半になりガチレースが開始されるも一番後ろからのスタート…

先導のポルシェのエンジン音が微かに聞こえたような…

まず先頭の姿すら見えないままレースが始まってしまいました(;Д;)(;Д;)

とりあえず下1桁0番で先頭スタートだった友人に追いつくためフル加速… もできない

詰まってます^^;

集団から振り落とされた方々がどんどん落ちていってました…

もがき苦しんでる選手達を見ていると

「うわぁ…キツそうやな^^;」

と客観的に見て…

あ、僕もレース中でした(笑)


全開で漕げないので同じく後方スタートの方とおしゃべりするほどの余裕が(*´ω`*)


ある程度バラけてきたのか次の周に入ってから


すると友人発見

協力して上位目指そう!と思いましたが

ちとキツそうだったので「頑張れよー!!」

と声掛けて抜き去りました

友人も何か言ってたような気がしましたが…

TREK号の中華半手組ホイーヨのラチェット音がうるさすぎてよく聞こえませんでした…(>︿<。)

最後にパワーをとっておきたかったので体格の大きそうな人を見つけては背後について風避けに使わさせて頂きました(๑•̀ㅂ•́)و✧

電車ごっこは楽しい~

といってもそんなことばかりしているといつまでも順位が上がらないので、少しずつ電車を乗り換えていきます


追い抜く時はじわじわ抜くとコーナーで並んだ時に怖いので(僕はコーナーが苦手)

超絶スプリント並みに全開で抜くことにしてます
そっちの方が相手も気持ちいいでしょ(適当)

一気に抜けない時は抜きません。


最終周、最終コーナー抜けた時にかなり前の方にいる人
を頑張れば抜けそうな気がしたのでちと早いけど
アタック!!


無事に抜いたけどゴール手前30メートルで脚が売り切れ…

その隙に横からだいぶ前に抜いたはずの体格の大きい人が…

あー!電車ごっこ真似したな~(爆)(*^^*)

脚がないので弱ペダみたいに体を暴れさせて加速するも向こうの方が速度が乗ってたみたいで抜かれちゃいました(多分会場にいた方は実況が聞こえていたかもしれませんね^^;)






終わってから暫く息を整え
はじめに出た言葉は

「楽しかった」


その時の気持ちがすべて現れていたんですね(多分)


TREK号と一緒に地面に横になり…

「お疲れさん」



変速はなんとか20分間狂わずに済みました(笑)


え?互換性通り組めばそんなこと心配しなくていいだろって?


自転車は自己満足の世界だからいんじゃね?(自論)

あ、もちろん安全には十分に気を配って組んでます(乗ってます)^^

そういや、今の仕様にしてから他人に乗せたことはない
もちろんこれからもないでしょう( ^ω^)


自分でパーツを選び、学び、組み、破壊し、修理し、1000mの山や斜度22%を登り…そして初レース

誰かに頼らず自分でやってきたからこそ愛着も湧きます


スペックはしょぼいです。

最安エントリーアルミフレームだしギヤも8速

中華パーツ満載でギヤの調整もすぐ狂う


しかしながら愛着と信頼によって不思議なパワーが出るものです。



38位…その結果は残念だ、と言うより最下位スタートという不利な状況でよくやった方だ!

と思うのが次へと繋がりそうでいいですね(*^^*)



そういや、今回のレース

周りは機材レーシングだらけで驚きました


レースだから当たり前かと思えばそれまでですね


もちろん、おじ様たちがそうなのは特に驚きませんでしたが


若い子も、stiレバーやペダルには慣れないビンディングでやらかしてしまったであろう、立ちゴケ跡やキズとは逆に真新しくピカピカな高級フルカーボンフレーム、アルテやらデュラで組んであり…思わず


金かかってるね~と


心の中で羨ましがる自分が… |´-`)チラッ


リザルト見てみると友人は51人中50位


初レースでビリじゃないだけよくやった!!

と思いました


タッツーさんは2位だったようです、剛脚ですね^^;


表彰式のあと

会場の片付けも始まっていたので

タッツーさんとお別れして僕らも撤収しました。







帰りは超絶追い風で



「初レースおつかれさん!」



と風が祝福してくれているかと思いました()





30キロ維持余裕でさぁv( ̄∇ ̄)

暗くなってガーミンのバックライトを試してみました



あっ、明るい…

いいゾー、これ


達成感のあるとても楽しい初レースとなりました。





ところで、安ロードに乗って高級チャリを抜く感覚は癖になりますわ(`・ω・´)キリッ








プロフィール

airtime351

Author:airtime351
自転車大好き サイクリングしたり整備したりしてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR